ロードスター,M2,1028
 
 
 
 
 
クラッチオーバーホール  |  Clutch Overhaul

「 NAロードスター 」は販売から20年以上経過していますので、
 走行距離に応じてクラッチ・ディスクの摩耗が進んでいます。
 実際に何回目かのクラッチ・オーバーホールを行っている車両も有るでしょう

         
 
 
   

■ クラッチ・ディスク交換・オーバーホールのリフレッシュ作業
    aaaaaaa      

皆さんご存知のように、マニュアルミッション車でクラッチ・ディスクが摩耗すると、エンジンの動力を伝えるのに、滑りが生じて伝わりづらくなり、燃費が悪くなったりスピードが出なくなったりしますね。


摩耗が進むと最終的には動力が伝わらなくなり、走らなくなります。


クラッチ・ジャダといって、発進時にガタガタと振動が出ることも有ります 。

     
           
 
   
  クラッチ・ディスクの交換作業は、付随するレリーズベアリングやクラッチ・カバーを同時交換しますが、いずれにせよ、トランスミッションを下ろす作業になります。    
   
     
 
そこで、折角トランスミッションを下ろすので、フライホイールを外してエンジンのクランク・リヤシールも同時交換します。


状況により、トランスミッション・フロントシールやパッキンからのオイル漏れが発生している場合は交換が必要な場合も有ります。
   
           
  eunoster「 こだわり 」
           
 
   
  ユーノスターでトランスミッションを下ろす作業の場合、状態により
サービスでパワープラント・フレームの塗装や、
プロペラシャフトの防錆塗装も行います。
           
 
 

   
           
 
   
もちろん、シフトレバーを取り外してトランスミッションを下ろす前に、シフトレバーを取り外す必要がありますので、シフトブーツも劣化状況によっては交換になります。
シフトレバー廻りのインシュレーターも一度も交換歴が無い場合、ボロボロになっている場合が多いです。
(見積もりに入れてあります)
         
 
クラッチ廻りのメンテナンスとして、クラッチ・マスターシリンダーやレリーズシリンダーからのフルード漏れ修理(もしくは予防整備)や、クラッチ・ホースの交換も同時に行うのもお勧めです。
(別途お見積りです)
   
           
 
 
   
           
       
           
  更には、トランスミッションの不具合が発生している場合(ギヤ鳴りや異音、オイル漏れ等)、トランスミッションのオーバーホールやリビルトミッションと交換する修理もお受けできます。(別途お見積り)    
           
           
  クラッチ・オーバーホール基本作業代金 91,657 / 部品代及び作業工賃合計 (税込み合計)    
 


※1. オプションや追加作業は、上記に含まれておりません。
※2. NBターボ用の強化品やクラッチホース(純正及びステンメッシュライン等)
  も別途お見積りいたします。

   
           
  オーナー様の感想です。    
 


お世話になっています ○○です。

今日はメンテ完成引き渡し、ありがとうございました。
帰路は、途中、土砂降りに見舞われましたが、無事に帰宅できました。
おかげさまで、クラッチペダルのダイレクト感のアップが感じられました。
更に、徹底的にオイル漏れ対策していただいたので、これで安心してツーリングに出
かけられます。

今後もよろしくお願いします。『東京都H様』

   
           
  ご実感頂けたら幸いです。有り難うございました。    
 


オーナー様、勝手にメールからの感想を転記してしまい申し訳ございません。
こちらとしてもとても嬉しいお言葉をいただいたので、掲載させていただきました。
どうもありがとうございました。またのご利用をよろしくお願いいたします。

   
 
   
   eunoster「基本代金価格表」は、こちらです。 ( PDFデータの閲覧とダウンロード )    
           
     
   
         
 
     
  トップページのロードスターのイラストは、マツダ株式会社、及び著作者の利用合意を受けているので、他への転載、転用を一切禁ずる。
     
Copyright c 2013 Car maintenance eunoster. All rights reserved Power by Takamatu