ロードスター,M2,1028
 
 
 
 
 

ロードスターのメンテナンス日記  |  Maintenance

   
  1, 車検用?サス交換
 

M2 1028のノーマルサスが、2年で1pくらい車高が下がりました。走行距離は1,100qくらいですが、元々1028の諸元データーより低かったけど、これってスプリングの焼きが甘いんで無いかい?

 
   
 

画像とコメントがバラバラですが、取敢えずスプリングの上下シートと、ショックのアッパーブッシュは新品と交換しました。 

     
 

 

   
   
   
     
 

前下がりの車高がほぼ水平になりました。 

 
   
想定通りの車高です。
   
 
             
 
 
  2, イミングベルト&ウォーターポンプ等交換 
 

走行距離は64,376kmですが、どうやら過去の整備歴を調べても、交換履歴がありませんので、交換することにしました。  

             
 

過去のオーナー様はメンテナンスが良かったようで、エンジン内部は非常に綺麗です。(もちろん私がオーナーになってからは、必要以上にオイルメンテナンスは行なっていますが)

             
 

今回はカムシールとクランクフロントシールも交換します。しかし、状態は良く、オイル漏れは全くありませんでした。 

 
 
 

ウォーターポンプも水漏れも無く、ベアリングの状態もまだまだと言う感じでしたが、見た目的には新車装着のウォーターポンプですので、初交換でしょう。社外品の粗悪品とは違い、安心して使用できます。

 
 
       
 

レストアに近いようですが、軽く錆を落として錆止めやシャシブラックを塗装します。    

 
           
 
オイルポンプとウォーターポンプの見た目に差が出ます。
             
 

ボルトも真鍮ブラシで磨いて、銅グリスをネジ山に塗布します。ディーラーやショップはここまでやらないだろうなー

「友人です。 やらない。って、より、
 丁寧仕事をする人です。 」
             ( by さいたま市在住)

             
 

 今回はお客様さんNA6CEを整備させていただきました | Maintenance
   
  1, サスペンション周りのレストア
   
  今回はお客様のさんのNA6CEを整備させていただきました。
この個体は中古で購入されて間もないとのことですが、20数年前にはやはり同じマリナーブルーのNA6CEのオーナーでしたが、諸事情で手放された後、今回当時の楽しさが忘れられず、リバイバルされたとのことです。
とても年式と走行距離には見えないほど、状態が良い個体でした。

内容はサスペンション周りのレストア(フルブッシュ+α及びショック、スプリング)等々と、サイレンサーテールパイプのノーマル純正戻しです。
基本はノーマル戻しですが、ショックアブソーバは阿部商会のビルシュタインを組みました。

 
   
  ブッシュはやはりそれなりに劣化していました。
 
   
 
  アームは全て錆を落として、シャシブラックで塗装して組み直しました。
見た目もリフレッシュ出来ました。
  今回は、フロント左のハブベアリングから異音が出ていましたので、交換しました。
 
 
   
 
  2, ホイールアライメントを調整
   
  ブッシュ及びショック、スプリング、アッパーサポート等々サスペンション周りを色々と交換しましたので、4輪ホイールアライメントを調整しました。
 
  仕上がりは、純正ノーマルの乗り味を満喫できる、しなやかでNAロードスターらしいサスペンションが組み上がりました。
お客様も満足されているようです。
 

-  ご興味ございましたら、今後とも是非ご覧いただければ幸いでございます。  -

 
     
  トップページのロードスターのイラストは、マツダ株式会社、及び著作者の利用合意を受けているので、他への転載、転用を一切禁ずる。
     
 
 
eunosterブログ          
■車の魅力      
 ロードスターとの思い出      
 何時までも      
 メンテナンス日記      
       
       
       
       
       
          このページのトップへ▲
           
     
Copyright c 2013 Car maintenance eunoster. All rights reserved Power by Takamatu